爽やかな印象を汗をかいた時にも残すテクニック

爽やかな印象を汗をかいた時にも残すテクニックを紹介します。

 

季節はもう夏になりましたね、気温の高い日も増え、汗をかくことも多い時期になりました。

 

私は通勤がバスと電車なのですが、少し歩くのと、会社内ではエコ運動でエレベーターを使わず3階まで階段を使うので、少なからず汗をかきます。そんな私の汗をかいた後に少しでも快適に、そして周りの方へ不快感を与えないためにしていることをまとめていきます。

 

まず私は会社のロッカーに換えの上着と衣服用の消臭剤と汗ふきシート、制汗剤(スプレータイプ)を常備しています。時間があれば汗ふきシートで気になるところを拭きます。時間がないときは制汗剤を使います。

 

また、この時期は女性で髪が長いとまとめることも多いと思うのですが、髪をまとめていると中側が意外に蒸れてしまうので、一度髪をほどき軽く制汗剤を使うときもあります。これで髪が揺れた時にも不快なニオイを抑えることができます。

 

上着などの汗のニオイが気になるときには衣服用の消臭剤をかけて、ロッカーに入れておいた上着に着替えることもあります。

 

私自信、汗のベトベト感や不快なニオイを感じることがないのでこの方法が気にいっています。