汗っかきの困りごとの対処法

汗っかきの困りごとの対処法を2つ紹介

汗っかきの困りごとの対処法を2つ紹介します。

 

汗をかいた時に気を付けていることが、体に対してのメンテナンスと体臭に関する処置です。

 

夏場などは水分が失われると、熱中症になってしまったり、思わぬ重症ななることもありますので、汗をかいたら、こまめに水分補給をする習慣をつけておくべきです。

 

水分の補給にも、様々なドリンク類がありますので、その時の運動量や汗の発散状況を見て、ベストなものを選択するようにすれば良いと思います。

 

発汗による体臭対策ですが、外出中であれば、ウェツトテッシュ等を持参して、こまめに汗を拭くようにすることが一番だと思います。

 

汗はできるだけ早く、拭いてやった方が時間が経過するにつけて、臭いの元になる菌が繁殖していきますので、特に脇の下、首筋、顔と臭いの比較的に発生しやすい場所を重点的に拭き取ることで、臭いに関してはかなりの効果が期待できると思います。

 

それでも気になる様でしたら、制汗スプレー等の使用もお勧めであると思います。周りの人の事も考えて、無臭性か微香性のものを選択すると良いと思います。

汗をかいたあとのメイク直しのポイント

夏場は外を歩くのはもちろんですが、ほんの少し屋外にいるだけでも汗をかいてしまいます。汗をかいたあとは、脱水症対策やニオイ対策などの適切なケアは欠かせません。それらのほかにも、女性にとっては気になるのがメイク崩れです。

 

真夏の炎天下では、朝、しっかりUVケアをしてメイクを施しても、電車の駅に着くころにはメイクが崩れてしまうこともあります。

 

特に朝などは、すぐにメイク直しを済ませたく、その上からファンデーションを塗り重ねてしまいがちです。しかし、汗をかいてもTゾーンなど一部を除いて、ファンデーションはほとんど残っているはずです。その上からさらにファンデーションを重ねると、厚塗りになってしまい一層メイク崩れを起こしやすくなります。

 

メイク直しのポイントは、汗が引いた後に少しクールダウンをしてから行うのが良いです。皮脂や汗の気になるところを、ティッシュで軽く抑えた後、パウダーを軽く載せる程度で十分です。厚塗りになりすぎず、自然な仕上がりになります。

汗をかいた後の脱水症対策とニオイケア

いよいよ夏到来です。この季節になると気になってくるのが、汗をかくことによって起こる様々なトラブルです。

 

もっとも重大なのは、命にかかわる危険もある脱水症です。こまめに水分補給をして脱水症状に陥らないようにする必要があります。その際に、ただ水を飲めばよいのではありません。

 

汗によって失われるのは、水分だけではなくナトリウムなどのミネラルも同時に失われております。そのためには、ナトリウムや少量の糖が含まれたスポーツドリンクや経口補水液を摂取するのが望ましいです。その際に、注意したいのがスポーツドリンクの糖分です。

 

甘みを感じるスポーツドリンクは糖分も多く含まれますので、水で薄めて飲むのがお勧めです。なお、ドリンクの温度は5~15度だと腸で吸収されやすく、効果的に水分栄養分を補給できます。

 

女性にとって特に気になるのは汗をかいた後のニオイだと思います。汗は皮脂と混じることにより雑菌が繁殖して臭いを発します。そのため、すぐに拭き取ることが大切です。

 

ウエットティッシュや汗拭きシートで1時間以内に拭き取ることによりニオイケアになります。汗が衣類へしみ込むとニオイの元となります。

 

対策として、消臭、抗菌作用のあるインナーを着用したり、脇にパッドをつけたりすると良いでしょう。女性のみならず、男性も夏場のニオイケアはしっかり行いたいものです。

入浴やシャワーができない時に汗をかいた時の対処法は

汗を大量にかいてしまった場合、外出先では入浴やシャワーで汗を洗い流すことができません。そんな時は乾いたフェイスタオルやハンカチで、汗を拭っている人が大半でしょう。

 

しかしタオルは濡らしたものやおしぼりを使用したほうが、汗がひいた時に臭いが発生しないで済みます。

 

またこの時に使用するタオルやおしぼりは、熱々のものよりも水を使用したもののほうが、汗腺に過度の刺激を与えないために汗や臭いを発生しにくくなります。

 

できれば冷たくしたタオルやおしぼりで顔やわきの下、首筋などを拭くとより効果的です。

 

適度な冷たい水を使用することで、汗腺の働きが低下し、汗をかきにくくなるのです。

 

ただし冷凍室で凍らせたようなもので顔や首筋を拭くと、肌にダメージを受ける場合がありますので注意しましょう。

 

夏は外出するとすぐに汗をかいてなかなか止まらないものです。

 

そんな時はすぐに汗を拭えるよう、冷たい水で濡らしたフェイスタオルやおしぼりを携帯しておくと便利です。

 

汗っかきを治す対策

 

手のひらに汗をかく原因

「手のひらに汗をかく」という症状との付き合いは、子どものころから、ずっとです。精神的なことが原因だと、はっきりしています。

 

緊張する場面になると、じわーっと、くるのがわかります。その手で持つ物は、汗のつぶが付きます。物が湿気ってしまいます。すごい時は、気化するような感じです。湯気が立つというか。

 

きっかけは、小学生の時の体験です。クラス全員の前で発表できずに黙りこんでしまい、それを先生にとがめられてしまってからです。人前で話せなくなったのです。

 

最初は、額からの汗がひどいのに自分でびっくりして、それが余計に恥ずかしくなるという悪循環でした。

 

手のひらの汗に気が付くのは、だいぶあとです。中学生のころだと思います。

 

そのころは、もうタオル生地のハンカチを常に持つようになっていました。人前で話す時は必ず、ハンカチを握りしめます。

 

しどろもどろになって、うまくしゃべることができない恥ずかしさよりも、手のひらの汗を隠したかったからです。

 

大人になってからは、それをからかう人はいませんから、ガチガチな対策はしていません。

 

社会不安障害ではないかと心配されることもありますが、緊張しやすい人という認識をしてもらってる身近な環境では普通に過ごしています。緊張する場面は避けてしまいがちですが。何とかやってます。